なぜホームレスのひとを助ける必要があるのか、疑問ですか?
エキブロメディカルでコメントをもらった123さんに対しての返信です

>助けられないって…。そもそも助ける必要があるのですか? 中略
>浮浪者をこれ以上甘やかす必要はありません。

なぜホームレスのひとを助ける必要があるのか、疑問ですか?

では、あなたはひとに助けられたことがありますか?
そして
あなたを助けてくれるひとがいますか?

私は小さい頃レミゼラブルのジャンバルジャンの話を読んで感動した時そのままです
困ってる人、弱いものは助けようと、子供ながらに思いませんでしたか?

あの舞台から何十年もたった金持ち日本で、まだそんな困っている人や弱いものが助けられないなんて、本来なら信じられないことなのです

迷惑なんだ、ほっといてくれ、余計なお世話だ、、、
そうやって助けようと思っても助けられないこともあります
確かに「助ける」という行為は難しい事だと思います
そのひとひとりひとり違う訳で、いつも同じ事をしても助けることにはならないかもしれません

だからその人の立場にたって考えたい、なにが「助け」なのか

自分の身の回りに次々不幸がおき、ひとりぼっちになり、仕事を失った時
周りから無能さをばかにされ、他人のことは干渉せずの世の中で
さみしく野宿をするはめになったとき

まわりのホームレスの人の中ではじめてひとの優しさを知るのかもしれません
はじめて分かり合えた、受け入れてもらえた
何もない、金もない、美貌もないけれど、友達ができた

そんな第2社会にホームレス社会がなりつつあるのはご存知でしょう
その状況はミッドナイトホームレスブルーさんのところでお読み下さい

でも本来ならこのような第2社会必要のないもののはずです
もし周りが助けの手を「きちんと」差し伸べていれば
わたしたちのいる社会にホームレスのひとびとは「経済的」「道徳的」「衛生的」etc etcにはマイナスのものです
だからこそ、そうなるまえに「助け」てあげたい
そして現在のこの多くのホームレスのひとは私たちが助けることに失敗した結果なのです

この公園から出て行け、と追い出すことはどれだけ精神的なダメージを与えるでしょうか
ここにはいれ、と希望もしない場所を提供することが助けになっているでしょうか
悪循環のはずです
ほんとうにホームレスが臭くて、汚くて、恐ろしくてこの世の中から消えて欲しいと思うのだったら、今の対策はまったく逆効果です

また、ホームレスの場合は、多分日本では大多数がアル中です、早めにアル中の治療をしなくてはいけません。また、職を失ったという理由も多いでしょう、再訓練、たとえば病院のヘルパーとして資格をとらせるなど、対策をとるべきです 精神的、肉体的な病気かもしれません、病気の治療をし、カウンセリングがされるべきです、、、そういったことを系統、組織だってされるべきなのです (助けが全く必要のない、実はお金持ち、スピリチュアル訓練で野宿している、さぎ、というホームレスなんて、ほんとに例外です)

そんな助けがきちんとされていない現状を見て下さい、恥ずかしい事だと思います

どうしてバリケードを作って対抗しているのか、考えてみてください
それが彼らの精一杯の自己主張なんですよ
認めてあげてはじめてわかりあえるのかもしれないんですよ

他人に優しくできないそんな国になってしまったことがほんとうに悲しいです
[PR]
by ninotika | 2005-01-30 05:25 | WORKING


<< スイング・ジャズはお好き? またホームレス強制撤去? >>