スコットランド/エディンバラ 旅行のtips!
こんどスコットランドに旅行される方からコメント頂いたので
せっかくなのでtipsをのせておこうと思います
やはり住んでいるものに聞くのが一番、のはず、ですね



スコットランドの首都エディンバラから

*泊まるところ

ホテルは避けましょう
お金がいっぱいある方は1流ホテルでもいいかもしれませんが
スコットランドの2流ホテルはだめなところが多いです
私たちも旅行のときは2流のnovotelとかあのへんの大きなチェーン店は絶対避けます
個々のふれあいも旅の楽しみ、こじんまりして清潔な、個人経営のB&Bまたはゲストハウスを選びましょう
できれば市内がいいですね、ちょっと疲れたといってすぐ帰れるようなところ
市内観光が徒歩でできるところ
有名老舗ホテルは観光ついでにホテルのロビーで待ち合わせしたりコーヒーやランチなどで楽しめばいいし、お部屋を見せてっていえばたいてい見せてくれます
有名ホテルといえば例えば
InterContinental THE GEORGE - EDINBURGHなんかかっこいいですね
a0008516_1463849.gif


*市内観光

東京/ロンドンとちがってちいさなまちなので、基本的には歩き
石畳なので歩きやすい靴もってきてね

エディンバラの市内観光はやはりお城にいって町を上から見渡すことではじまりでしょう
a0008516_2124468.jpg

これで何となくまちを理解した気になるので
エディンバラには7つの丘があるので、数えてみてね(このお城の丘も含まれる)
お城からイギリスクイーンの別荘Holyrood houseまでRoyalMileと呼ばれる一本の坂道になっていて この道沿いにいろんなものが並んでますので1日目はお城からはじまって寄り道しながらロイヤルマイルを降りて行くのがいいかと思います
最近できたparliament(国会議事堂 予算大オーバーの問題の建物)もチェックしてくださいね
このロイヤルマイルの途中にThe hubという建物(矢印)がありますので
a0008516_2112927.jpg

そこで地図など必要な情報をゲットするか、もしくはエディンバラ駅の近くのtourist informationにいって市内地図をもらっておくとよいと思います

せっかく来たのですから夜はコンサートなんか聴いていって下さい
日本よりチェンバーミュージックなんか格安です
全然混んでないので、当日チケットも楽々買えると思いますが
やはりtourist informationで今夜のチケットを確認するか
エディンバラのメジャーなコンサートホール
Queens Hall(クイーンズホール)
Usher Hall(アッシャーホール)
のふたつをチェックしてくださいね
地元の小型オーケストラ Scotish Chamber Orchestraはなかなか悪くないですよ
運が良ければスコットランドのダンス ceilidh(ケイリー)に参加できるかもしれないのでツーリストインフォメーションセンターで確認するのもいいかも


もう一日余裕があればはArthur's seat (アーサーシート)というエディンバラの丘のひとつに登るかBotanic Garden(ボタニックガーデン)にリスを見に行くのがいいかもしれません イギリスの庭はいいですよ

他、忠犬ハチ公のイギリス版、忠犬bobbyの銅像なんかどうですか?

言い忘れてましたNational Galleries of Scotland
プリンセスストリート近く お城に行く途中のMound にある美術館、これ、いいです。昔やはりイギリスはお金持ちだったんだなあって思います。Titianとかレンブラントとか、有名作品がごっそり並んでます、モネ特集とか、エキシビジョンもあるので要チェック
モダンアートがお好きなら同じページからクリックしてModern art美術館にどうぞ、アンディーウオーホールとか見れますよ


*レストラン

レストランはあ、ここよさそう、という感覚ではいるとまずくて高くてびっくりされるとおもうのでいくつか紹介します

“Sweet Melindas“ (スイートメリンダス)
おいしくて有名な魚屋さんのとなりにあるおいしい小さなレストラン
もちろん魚がメインですが、私はイギリスにきてここが一番おいしいと思いました
見つけるの大変かもしれませんが、頑張る価値ありです
11 Roseneath St, Edinburgh
Midlothian, EH9 1JH
0131 229 7953

“Mussel Inn“ (マッスルイン)
こちらはRose Street ローズストリートといってメインのPrincess Street プリンセスストリートの横の道にあるので 見つけるのが簡単で、手頃な値段、ムール貝(マッスル)を思い切りたべてください スコットランドの濃厚なスープCullen Skinkがメニューにあったら是非トライしてください、忘れられないおいしさです

“Valvona and Crolla“(ヴァルボナ アンド クロラ)
ここもちょっと見つけにくいのですがエディンバラ最高のイタリアンです
ここでチーズの種類をみてびっくり、食べてびっくりしてください
レストランではなくてカフェなのでランチにぴったり
その料理に合わせたグラスワインもリストしてくれているので合わせて頼むとgood

ここの系列店で
centotre(チェントオットレ)というイタリアンもよいです

“Browns“(ブラウンズ)
centotreの近くでちょっとPoshなGeorge Streetにあります
いい意味でイギリスらしくっていいかもしれません
特にボリュームたっぷりのデザート、プディング系がおすすめです

まちがってもホームシックで日本食、チャイニーズなどにトライしないで下さいね!!!
約束してください!


*ショッピング

イギリス最古のデパートと言われるJenners(ジェナーズ)には行っておきましょう
買わないで見るだけですよ 日本のデパートに比べると悲しい品揃えなので

ほんとのお買い物、イギリスらしい洋服や靴は
Barbour(バーバー)がいいです

21 Frederick Street
Edinburgh
Lothian
EH2 2NE
United Kingdom
 0131 2251681

物がしっかりしていていい意味でイギリスの伝統的な感じそのままです
値段は安くはないですが伝統的なので一度買った物は飽きずに20年くらいは着れると思います
こういうチェックのシャツとか
a0008516_1435384.jpg

スカーフ/マフラーとか
a0008516_1441711.jpg

レインコートとか
a0008516_1445033.jpg

はやりに流されないおしゃれです
バーバリーなんかよりよっぽどかっこいいですよ


a0008516_3494767.jpgお土産はやはりショートブレッドとウイスキー、ウイスキーは小瓶も売ってますしね 特にスコットランドの伝統的なスコッチウイスキーを友情の証として飲む器 quaich(クエイク)はいいプレゼントになると思います 小物入れにもなるし?



*スコットランド

さて、スコットランドの醍醐味はエディンバラを出ないとわかりません!
ここでレンタカーやさんにいって車を借りることをおすすめします
というか必須
国際免許発行してもらっていれば問題なく借りられます


Scottish Sea Bird Center(スコティッシュシーバードセンター)
a0008516_2472494.jpg

ここでの船ツアーがいいでしょう
パフィンとか珍しい鳥やオットセイなんかが見られます
船ツアーは予約が必要です
時期で見れる鳥が違うはずですしね

ウイスキー蒸留所めぐりは、ここでは省略(たくさんありすぎw)
ツアーのはじまる時間がいろいろなので
念のためチェックしておいたほうがいいかもしれません


注目)以前書きましたがCreagan Houseミシュランおすすめのこのレストランの近くを通りそうだったら 是非お試しください、おいしい、おいしい、おいしい。ここに泊まることもできます


そして知る人ぞ知る隠れ家 有名なRoman Camp Hotel(ローマンキャンプ)も紹介します

17世紀の建物
a0008516_329946.jpg

ロマンティックでアンティーク
a0008516_3294148.jpg

シェットランドポニーという大きくならない馬や
a0008516_330648.jpg

川沿いなので白鳥や白いかもが泳いでたりします
a0008516_3302890.jpg

今日散歩ついでに写真撮って、部屋も見せてもらいましたが
予算が許すなら、一泊くらいこういう老舗一流ホテルに泊まるのもいかが?
何もかもがいい意味でいいイギリスらしいです
一部屋120pounds(24000円)からという話でした

エディンバラから車で1時間半くらいのところにあります



*最後に

レインコートは年中必要です、傘はいらないけど、フード付きレインコートは持って来て下さいませ、でもバーバーで素敵なレインコート買ってもいいかもしれません、うふふ
靴もヒールのない、歩きやすい、防水のものがあるといいですね
これもバーバーで買ってもいいかも!

すべてのものが決して安くないです
レストラン、ご注意を
必ず下調べして選んで下さい
たまたま入った店がうまかったということはまず、、、ない、、、

できればスコットランドはまちより田舎を見て頂きたい
できれば山登りして頂きたいです
スコットランドは自然が一番売りだと思うので

そしてニノチカ宅でのお茶、大歓迎です、連絡くださいね
[PR]
by ninotika | 2005-02-24 00:20 | TRAVELLING


<< スコットランド旅行 B&Bの選び方 あぶさんの思いで >>