チーズの不思議
食べ物のことばっかりですが...

フランス人はどうしてデザートにチーズを食べるのか不思議だったのです
いままで誰にもきくこともなく普通にレストランでは頼んだりして生きてきたのですが
ここにきて分かったこと
チーズはかなり「ローカル」の食べ物なんですね!

オフィシャルにはフランスには400種類くらいチーズがあって
シラク大統領も
「400種類のチーズがある国の大統領を勤めるのは大変だ」
とこぼしたそうですが実際その土地、地域、での産地チーズというものがとっても大事

例を挙げるとレブロンションというサヴォア地方のチーズは「道の向こう側には渡れない」チーズらしいです 実際流通はしているのでしょうが、ほんとうに本物のレブロンションを食べるにはその場で食べないとだめなくらい危ういチーズ

フランス人は国内旅行ばかりしているらしいのですが
その旅の楽しみのひとつがその土地のチーズを食することであるわけで
その土地に行ってその場所のチーズを食べたいのですね
だから旅行先のレストランでチーズの盛り合わせを頼むのは彼らにとっては当たり前
メインがフォンデュだったのにデザートに違うチーズを食べる事も可能なわけです
フルコースではチーズ=デザートではなく、チーズの後にデザート(甘いもの)がついているレストランが多いです


そして同じチーズでもその状態によって味が違うわけで
フランス人特有の「細かさ」でそのへんはしっかり分かっていそうです

...というわけで(スーパーで買うチーズも悪くはないのですが)
ちゃんとチーズ屋さん(fromageire)に行って買うようにしました
しかもいろいろある種類の中からこのサヴォア地方のものにしぼって試食中

今日はfromageire Cremerie du lacで買った
Tomme Marc
a0008516_2253317.jpg

周りに黒い葡萄の種がびっしり付いたチーズ
これ、おいしいです
濃厚でフルーティーでブルーチーズとバターの間のような味


Bleu de Temignon
a0008516_22532026.jpg

かなり珍しいチーズらしい
ヤギと牛の両方のミルクからできていてぽろぽろしたデリケートな味

あんまりたくさん食べられないのでチーズ屋さんでいつも100グラムSVPと頼むので
大きなチーズの場合は写真のようにうすーく切られます
他のお客さんは1キロ!とか頼んでいるのでちょっと気後れするのですが気にしない。
[PR]
by ninotika | 2006-11-06 23:05 | LIVING


<< ヤギのチーズとジュラのチーズ スリッパとアップルパイ >>