カテゴリ:COOKING( 26 )
リンゴが余ったら
フランス語の語学学校がアレンジしてくれた(3ヶ月という短い期間なので)
ホームステイのような形をとったシャレーの1階に住んでいるのですが
このお家のお庭にはリンゴの木がたくさん
リンゴが余って余って仕方がないって言われて
a0008516_7285499.jpg

食べるお手伝いをしています

ジャムにすると時間かかるし(ていうかできない!)糖分多そうで量が食べられなさそうだし
お菓子を作るのにもここにはオーブンがありません
悩んだ挙げ句の解決策で

リンゴ煮

a0008516_7305378.jpg

皮をむいて切ってちょっとのお水と煮るだけ!
何にも入れません、あ、色が変わらないようにちょっとレモンはしぼるかも
それでこれをミューズリー(コーンフレーク)の上にかけてミルク(豆乳)とともに
たんまりたくさん食べるのが朝ご飯

はじめはお砂糖やはちみつやシナモンもクローブを入れてみたりしていたのですが
最終的に何にもいれないのがいちばんおいしかったりしました
りんごが余ったらお試しください〜
[PR]
by ninotika | 2006-10-29 07:34 | COOKING
チーズの王様
フランスのチーズ エポワーズ Epoisses(発音合ってますかね?)が
私の一番すきなソフトチーズです 
ゴルゴンゾーラもたまりませんが
このエポワーズ、もう腐る一歩手前
とにかくグゥイーなんですよ
おいしいのです
なんともうまく形容する言葉がでてきません
グルメの国ベルギーのグルメのcredenzaさんもこちらで「くさい」と書いてらっしゃいます

ちゃんとしたチーズ屋さんで買うとどんなに安くても丸いので8ポンド(1600円)くらいすると思うのですが、この間、テスコTescoというスーパーで見つけてしまいました
これが4ポンド。

素通りできず...
写真に撮るのも忘れて食べ始めてしまいました
食べかけの写真ですいません

a0008516_22512742.jpg


そんなに臭くないですよ!
[PR]
by ninotika | 2006-01-29 22:55 | COOKING
イギリスで多分一番有名なシェフの...
a0008516_759949.jpg
Jamie OliverのNaked Chef vol2の本が巷ここイギリスで[裏で]流れています

出版社のひとが間違って誰かのemailにMicrosoft word形式で送ってしまったらしい?
写真などはきっと全部載っていないのでしょうが全部で118ページ
なんだか使えそうなレシピ満載です(英語です)

せっかくタダでemailでまわってきたのでもし欲しーという方がいたらメールください
添付して送りますよー

ninotchka3@hotmail.comまで
[PR]
by ninotika | 2005-11-17 08:00 | COOKING
農家パン
大事な後輩からのリクエストでパンレシピをのせます!

ミューズリー(写真)をカップ一杯
沸騰したお湯を1カップそそいでふやかします
それにハチミツおおさじ3、植物油おおさじ3、塩おおさじ1を加えます

a0008516_1795466.jpg


イーストは10分くらいぬるま湯1カップでこれもふやかしておきます

ミューズリーのミックスはミキサーでどろどろにします
そこに卵1個加え
イーストを加え
全粒粉(ライ麦粉とかいろいろ)と強力粉をまぜながら
手でこねられるくらいまで入れます(適当)

室温で2時間発酵
パウンド型にいれさらに1時間発酵

そして190度で焼きます
やきあがり写真失敗しましたがのせときますね

a0008516_17101510.jpg

[PR]
by ninotika | 2005-05-01 17:12 | COOKING
イギリスっぽいフルーツクランブル レシピ
簡単レシピばっかりですが
今日はクランブル
すごくイギリスっぽいですよね
でも低カロリーですよん


a0008516_2254964.jpgフルーツはなんでもいいので切ります 
りんごでもラズベリーでも季節のものをミックスしたのもいいし
最初にちょっとのお湯でゆででやわらかくしておいてもいいかも 
今日は黄色いプラムにしました
ちょっと酸っぱいのでハチミツをたらしてあります




a0008516_22543060.jpgクランブルはマーガリン(今日は残ってたもの)に砂糖と薄力粉を適当にぼろぼろになるように混ぜます
今日はすこし残ってたアーモンドパウダーも入れました
全部適当、とにかくぼろぼろの感じになればいいのです






a0008516_2254538.jpgこのクランブルをフルーツのうえにふりかけて









a0008516_22551672.jpg
オーブンで焼いてできあがり
濃いクリームやヨーグルトとともに食べます
[PR]
by ninotika | 2005-03-13 23:00 | COOKING
**カレーパーティー! 開催です**
サブ兄さんがお約束どうり男料理でカレーを披露してくれるので
カレーパーティー開催します! 
是非トラバを利用してパーティーに参加してください

うちでもカレーパーティーを昔やったことがありますが
参加者は一品カレーを持参することになっていました
いろんな種類のカレーを少しづつ食べられるので楽しいのですよ、これが
うちはカレー臭くなりますが



私は簡単カレー3品作ってみました

a0008516_19145295.jpg*オクラとコーンのサブジ
ガーリック、チリ、オクラとコーンをギーで炒めて、塩、ターメリックパウダー、コリアンダーパウダー、クミンパウダー、ショウガのすりおろしを加えるのみ












a0008516_19151188.jpg*スピナッチカレー

ほうれん草は茹でて水を切ってヨーグルトとともにミキサーにかけます
ここにお好みでフェタチーズもどきのチーズをいれます
ジャガイモは別茹で
このジャガイモを塩、こしょう、ガーリック、ターメリックパウダー、コリアンダーパウダー、クミンパウダーでフライパンでギーとすこし焦げ目がつくまで炒めたら。ほうれん草ミックスを入れて醤油で味付け
チキンを入れる人も多いです
(ちょっとジャガイモが大きかったですね、汗)




*ナンが手に入らないのでうちはピタパンとバスマティライスで食べます
a0008516_19161337.jpg


最後に

a0008516_19153152.jpg*ナスカレー

ナスは切って塩をふってよ〜く水を抜きます(15~30分)(これが大事)
洗ってフキンでぎゅっと絞ってから、大量のギー(フライパンの底がうまるくらい)でガーリックと揚げるようにギトギトになるまで炒めます この油がおいしいのですが、太りそうです、、、だからインド人はちょっとチャビーなのかな?









a0008516_19155346.jpg
ここにvindalooヴィンダルーという市販のルーをおおさじ一杯くらい加え(cheating!) 醤油で味付けします(Ferns’という会社のものを使ってます)、お好みでショウガも。うちはたっぷりいれます。(しかしなんにでも醤油を入れてますね・・・)





注意)
ギーがないとカレーはうまくないです
a0008516_19163710.jpg

ベジタブルギーというのもあります
a0008516_19165951.jpg


**カレーパーティーに来て下さい**
あなたのご自慢のカレーをトラバしてね
http://ninotika.exblog.jp/

3/March/2005
Chick_peaさんがトラバしてくれたので
カリ〜番長にこっそりトラバしました
[PR]
by ninotika | 2005-02-27 19:31 | COOKING
ハギス
[ベジタリアンレシピ] ハギスのちゃんとしたレシピです

a0008516_1949457.jpg出典はエディンバラの老舗ベジレストラン Henderson's Wholefood Cookbookから

75g マッシュルーム
75g レンズ豆
50g pinhead oatmeal
50g キドニービーンズ
25g マーガリン
150g 人参
150g タマネギ
2こ ガーリック
1小さじ ガラムマサラ、醤油、塩こしょう



a0008516_1954665.jpg材料はみんなミキサーで細かく刻んでしまいます
私愛用はこのタイプです、ハンドル付け替えでミキサーにも泡立て器にもなるタイプ





a0008516_19544832.jpgそれまではこういうふつうのミキサーを使っていたので
野菜を切るのも面倒、スープも移し替えてマヨネーズ作るのも相当量必要etcだったのですが




a0008516_19492415.gif全てが簡単になりました
こうやってお鍋のままスープをミキサーにかけられるわけです








ガーリック、オニオンからマーガリンで炒め、人参、豆類、最後にオートミールを加えて、塩こしょう、醤油、ガラムマサラを入れてできあがりです
[PR]
by ninotika | 2005-02-26 19:57 | COOKING
[ベジタリアンレシピ] ハギス
スコットランドの伝統的な食べ物にハギスというとんでもないものがあります
ハギスは・・・
羊の内蔵なんですよ
ひどい・・・

でもベジタリアンハギスというものがあってもおかしくない、でちゃんとあるんです、羊は一切使用しない、豆でできたベジタリアンハギスです

このハギスはバーンズナイトというスコットランドの文化の日みたいな日(1月25日)に食べます(バーンズという詩人の日です)簡単にいうとバーンズの詩を読み、ろうそくを持って行列するのです


a0008516_9324384.jpg


ガーリック、タマネギ、人参、マッシュルーム、ゆでたキドニービーンズ、ゆでたレンティル(レンズ豆)は全部みじん切りにして、この順で炒めるのみ、最後にふやかしたピンヘッドオートミールという麦を加え、ガラムマサラ、塩こしょう、醤油でできあがり。トマトチャツネなんかと食べます。

付け合わせもお決まりのSwedesというじゃがいもと人参の中間のような根野菜に芽キャベツ。Swedesがないときはじゃがいも人参を一緒にゆでてマッシュします。

なんかね、シンプルなんですが野菜の甘みがあって結構おいしいんです。

onozさんのこの記事にトラバ、するのが1ヶ月遅い?
[PR]
by ninotika | 2005-02-25 09:33 | COOKING
料理の本 ベスト3
出版社に勤める友人が、売れない料理の本はない、といってましたが
ほんとについつい料理本て買ってしまいます
食べるって毎日のことですものね
いろいろ持っているのですが私の愛用する料理本ベスト3を紹介します

ベスト1
a0008516_20245992.jpgchic simpleシリーズのcooking
シックシンプルシリーズは他も持ってますがライフスタイルアドバイザーとして大活躍
これでシックとはなんぞやというのをお勉強します(サングラスや帽子、アクセサリー類の小物から靴や洋服、どんなものにどんなものが合うのかって例がのっています)
このchic cookingははじめての「洋書」のお料理本だったのに、読みやすいし、簡単、なのに作るものすべておいしい、すごい本です。いい意味で「アメリカン」です。(ベジタリアンではありません。)




ベスト2
a0008516_20252236.jpg
いいベジタリアンの本を探していろいろ何冊買ったでしょうか、、、
最近ようやく出会ったのがこのtruly italian
最初はベジの本だと気づかないでいたくらいで ベジにつきまとう「おいしくないけどヘルシー」的な雰囲気がまったくありません
イタリアンは一番好き。もう I'm loving it! です








ベスト3
a0008516_20254930.jpg本物のカリー(カレーというよりカリー)ってタマネギをカラメル状になるまで炒めてスパイスを何十種類も用意して、ってなんか敬遠したくなっちゃうようなイメージですが、実は嘘みたいに簡単。
日本の嘘カレーのカレールーを入れるあの簡単カレーほど簡単です
これでカリーワールドが180度変わりました
インドでは毎日カレー、というのがああ、実はこういうものを食べるんだなあと納得できる本です




おまけ
a0008516_20261165.jpgtruly italianのUrsula Ferrignoのベジらしいベジ本ですが、大ファンになったのでもう一冊買いました。料理本は写真がないと嫌なんですが、これは例外です。ペーパーバックです。
[PR]
by ninotika | 2005-02-20 20:29 | COOKING
変な野菜
a0008516_19302922.jpg

メキシコ産らしいのですがchayotesというこの野菜、、、

へん、ですよね
味は瓜系です

合掌瓜、チャウチャウとも中国では呼ばれているそうですが
合掌というより、入れ歯をはずしてMmmm...と口を結んだところに似ているかも

こんなお茶目写真も見つけました
a0008516_19181262.jpg

[PR]
by ninotika | 2005-02-06 19:33 | COOKING