<   2004年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧
イギリス人へのお土産 、プレゼント
a0008516_21436.jpg
イギリス訪問の際にお世話になる人に何か日本ものをプレゼントしたい、とかお世話になった人になにか送りたいというときのためのひとつヒントです。

原宿のオリエンタルバザールにいって古着物を買うのが喜ばれるそうですが、ここでは 盆栽 Bonsai のおすすめです。

じじくさい、とかっていうイメージが強い盆栽ですが、正真正銘アートとして認められています。なぜか洋風のお部屋のなかに置いてあると、確かに壁の絵画が大切なのと同じくらい、洗練されたイメージになって、日本の文化はやはり独特の趣きがあるものだとつくづく感心します。

盆栽、ですが日本から飛行機で荷物の中にいれてもってくることはできませんので、専門店を利用します。日本から「本物」の盆栽を仕入れているお店がロンドン郊外にあるのです。(中国からも仕入れているようです)

Herons Bonsai
www.heronsjapanesegardens.co.uk

お店のオーナーはこの世界では有名なPeter Chanという中国人で盆栽の本を何冊も書いています。メールで予算内で、と問い合わせるとこんなのがあります、ってデジカメで撮った写真を送ってくれます(写真)。4000円くらいからものすごく高いものまであるようです。

好みがいろいろありますが私は今回、松 (white pine)、ともみじ(maple) で迷って結局松にしました (写真右)。見栄えのする50cmの高さくらいで75ポンド、プラス送料(イギリス本土)15ポンドで90ポンド(約18000円)でした。やはり日本で買うのに比べると高めですがモノポリーなのと、本物、ということで納得のお値段、かもしれません。
[PR]
by ninotika | 2004-05-26 23:57 | THINKING
最も美しいとされるアリア
a0008516_64854.jpg
もし今までオペラのことなんにも知らずに生きてきた、という人がいたら
いつか一度最も美しいとされるアリアを月の輝く静かな夜に聞いてみてください。タバルディ、というソプラノ歌手の歌っているものが最高です。

アリア名 Ebben?…Ne andro lontana
オペラ La Wally
作曲者 Catalani
ソプラノ Renata Tebaldi
[PR]
by ninotika | 2004-05-26 06:50 | LISTENING
プッチーニ 西から来た娘
a0008516_63151.jpg
今日は図書館から借りてきたDVD、オペラをみたのでご報告です。

La Fanciulla del west 西から来た娘 です

Puccini プッチーニ作曲の結構マイナーなオペラらしいですが、音楽も聞きやすく、ストーリも入り込みやすく、一世一代の恋に落ちた二人のハッピーエンドが美しいのです。主人公のアメリカの西海岸に住んでいる娘はミニー(ミッキーマウスのガールフレンドと同じ名前?)といい、女冥利につきるというか、男たちをことごとく虜にしてしまう、頭のよいしきりやさんです。

かの有名なPlacido Domingo ドミンゴがジョンストンを歌ったロンドンのコベントガーデン1983年 のものです。ドミンゴが若く、やせていて、かっこよくってびっくりしました、このワイルドな泥棒役にぴったりはまっています。なぜ、ドミンゴ?と思う人はこのDVD、見てみてください。きっとファンになります。

オペラ、すごくはまって泣いてしまうか、もしくは好きになれないと思うか、初体験のときに決めるってきかされていましたが、私の場合は面白いことに、少しづつ、少しづつ、好きになってきています。いっつも楽しめるインスタントな娯楽ではないことは確かですが、ある瞬間、心から感動してしまう時があって、そのために耳と目を肥やしているという感じです。
[PR]
by ninotika | 2004-05-26 06:33 | WATCHING
キノア Quinoa 
a0008516_5034.jpg
ちょっとレシピ変更して塩の代わりに最後にパルメザンチーズをたっぷりかけてみたらおいしかったので。

ほうれん草とキノアのピラフ 二人分

1カップ キノア Quinoa
2カップ 水
1個 チキンキューブ; このキューブの塩加減で塩をたすかどうか決めてください
こさじ パプリカの粉
ほうれん草 1/2束 ゆでて水気を切って小さくカット
おおさじ1 オリーブオイル
おおさじ1 お酢
パルメザンチーズブロック 薄く包丁でそぎ落とす
黒こしょう、フレッシュグラインドしたもの


おなべにお水、チキンキューブをいれ沸騰したところでキノアをいれ20分
残りの材料をいれて混ぜる
最後にパルメザンチーズとコショウをふってできあがり
実はおいしいパルメザンと黒こしょうを使うことがポイント、でした
[PR]
by ninotika | 2004-05-25 05:01 | COOKING
どうして英語がうまくならないか、考えてみました
英語、どうして日本語話しているみたいにきこえてしまうんだろーと考えてみましたが、カタカナのせいだと思うのです

More
[PR]
by ninotika | 2004-05-20 07:24 | STUDYING
IELTS writing task 2 の答え
一生懸命BBCサイトなどネットサーフィンしてタスク2のいい答えを探していたのですがこのページがあれば自分で時間かけて苦労しなくてよさそうです。問題の予想もつきそうですしね。

http://www.debatabase.org/

とってもよいサイト。ありがたい。
読むのが大変そうですが、、、
[PR]
by ninotika | 2004-05-20 06:57 | STUDYING
IELTS speaking topic : TV テレビ について
今日は IELTS television / media についてです

More
[PR]
by ninotika | 2004-05-19 08:10 | STUDYING
IELTS speaking topic : family life について
引き続き IELTS、今日はfamily lifeについていろいろ書いてみます。

More
[PR]
by ninotika | 2004-05-18 09:04 | STUDYING
IELTS speaking topic : country and environmentについて
IELTS のスピーキングで必ず聞かれる日本のことについて、短く、、、日本のことを英語でいうのって案外難しいものでそれはきっと日本語単語がでてくるからでしょうね

日本と環境問題
[PR]
by ninotika | 2004-05-17 03:03 | STUDYING
こんなブログです
a0008516_19305029.jpg
管理人ninotikaは1969年東京生まれ、Female、です
B型、牡牛座、土グループ、チーターです

現在英国スコットランド、Callander(カランダー)というハイランドの小さな町に住んでいます

ninotika(nina)は昔飼っていた家に勝手に出入りしていた猫の名前です よく木登りをしたアクロバティックな猫でした
黒、白、オレンジの三毛で、近所の人がこういう三毛は頭がいいんだよねってほめてくれました しっぽが大きくて歩くとセクシーな猫でした

仕事は整形外科医(関節リウマチ科)です
医学部卒業後7年臨床でくたくた、専門医資格をとった後、2001年よりエディンバラ大学病理学に関節の軟骨細胞のマトリックス研究(博士号課程)にきて3年になります
博士号終了したらイギリスで臨床医として働ける(ODTS:overseas doctors training scheme トレーニング)ように準備中、手探り状況です
3年も臨床を離れていると、病院の毎日が無性に懐かしくてエキブロメディカルメンバーとして時々医療のことも書いてます(WORKINGカテゴリ)


a0008516_113231.jpgブログ中毒で博士論文のほうがはかどらないので夫(やはりブロガー、イギリス人、写真家、編集者、ほんとうは考古学者)に更新は週1回にしなさいと言われ、、、ちっとも守ってないのですがなるべくそうするようにしています、がコメントなどには毎日目を通しています(中毒のまま) 夫ブログはこちらで夫ウエブサイトはこちら



ブログはメモのようなもの、せっかく思いついたアイデアやせっかく調べたことは書いておこうと思ってます。自分の探していた情報がぴったり出てきてくれたとき、自分と同じ意見のひとを見つけたときって嬉しくなっちゃいますよね

夫と一緒に楽しめる、オペラ(WATCHING)、クラシック音楽(LISTENING)、料理(COOKING)、映画(WATCHING)、乗馬(RIDING)、旅行(TRAVELLING)、ガーデニング(CARING)、現在こんな二人のところにきてくれる子供を募集中(PLANNINGカテゴリ)、が興味の対象です(括弧内カテゴリ)


コンピューターはMac(名前Jumblies)です

車は日本から持ってきたワインレッドのパジェロジュニア(名前ボジョレー)

スポーツは今はジョギングとバドミントン、スカッシュ

好きなデザイナーはDries Van Noten

とりとめないですね(もっとTHINKINGカテゴリ)


どんなことでもコメントください
またスコットランドに遊びに来られる方は、どうぞ一声おかけくださいませ
[PR]
by ninotika | 2004-05-16 02:44