<   2004年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧
判定日まであと5日
妊娠判定日まであと5日と迫った今朝、朝起きた。ん? な、なんでこんなに今日はすっきり目が覚めてしまったんだろう。昨日までの1週間は眠くて眠くて朝も重くて暑くてずっしりだったのに、今日は生理後みたいなすっきりとした目覚め。やな予感。胸を触ってみると、痛くない。これも昨日までは触ると張りつめたような乳腺が痛かったのに。

あれ〜。体がふつうに戻っちゃったよ〜。

眠くない。
お腹も普通にすく。すき過ぎることもないし、のどが乾くこともない。
胸も張っていないし、お腹もちくちくしない。

そういう妊娠かも?と思わせて私を幸せにしていてくれた小さなサイン達がことごとく消えてしまったのです。

これってだめってこと???

そんなふうにだんなに言ったらまた〜、そんな非科学的なことをいう〜と言われてしまったけど。ふ〜。まあでもだるくないのでこのまま金曜日までいってみます。
[PR]
by ninotika | 2004-09-28 04:39 | PLANNING
Out of fashion?
今日大学まで歩いている途中、よくあるのですが観光バスから降りてきた20人ほどの日本人観光グループにとうせんぼ状態になりました(私の歩くスピードが早すぎるのでしょう)。懐かしい日本語が前から後ろから聞こえてきます。こんなとき、いつも思っていたことがあるんです。今日はそれを書いちゃおう。

若い女性、男性を含め、中年の女性、、、みんな髪の毛が荒れているのです。いまや若いひとだけでなく中年の方もみんな茶髪化。見るからにぎしぎし、ぱさぱさ。部分茶髪、部分白髪染め、そしてカット、パーマなどなど手が入っていることは分かるのですが、みなさん手が入り過ぎ。とても不自然です。

今のファッションで髪に何となくニュアンスを与えたいのかもしれませんが、先細りのスタイル、ハイライト、前髪の微妙な長さ、、、モデルさんのように写真撮るためのものであったら分かるのですが、毎日の生活には不向きなような気がしてなりません。エディンバラのような風の強い町で、風のたびに前髪を直し、毛先を整えて。風に髪が自然になびく、というより、風でめくられた毛根の染めていない部分が見えて、余計にかっこわるい。

なんで生まれもったそのままの色ではだめなのかなあ。なんで1ヶ月に1回は美容院、みたいな雰囲気の髪型じゃないとだめなのかなあ。白髪まじりの髪も、白髪になった髪も素敵だと思うのに。どうして染めちゃうのかなあ。艶がなくなっても、茶髪のほうがかっこいい? 自然にまとめるだけでさまになる髪型よりも、ちゃんとブローしてセットして30分鏡の前で用意した髪型のほうがかっこいい?

かっこいいって、パツンと切りそろえられた艶のあるワンレン黒髪だったり、ささっと結んだりもたらしたりもできる髪型だったり、天然のウエーブだったり、、、と私は個人的に思ってるのだけど、、、そんなかっこいい日本人女性を最近みたことないのです。どうかこの茶髪ブームが早く去ってくれますよーに!

a0008516_4115581.jpga0008516_412715.jpga0008516_4144988.jpg
茶髪反対!






そしてファッション。バッグ。靴。気を使われすぎてます。なんというか、買ったばっかりに見える。きっと買ったばっかりなのでしょう。ぴかぴかなのです。色も形もいい意味ではファッショナブルなのでしょうが、エディンバラではなぜか不必要なセンス。なんか歩きにくそう、そして、なんとなくいごごちわるそう。なんか服がその人らしい、という感じがなくて。3人ヨコにならんで歩いているとどの人がどの人って見分けがつかない感じ。

履き慣れたスニーカーや流行を問わないジャケット、何年も一緒に旅行したバックパック、ではだめなのかなあ? 今年の色、 今年の形、毎年流行を追わないとだめ? 去年のコートはもう着れないし、去年買ったバッグはそろそろダサイ? 


お財布も時計も、アクセサリーも、みんな、そういえば日本で働いていた時は、大事なポイントだったときのことを思い出してなんだか、ため息。こんな私が日本に帰ったら、out of fashionなのかもしれませんね。
[PR]
by ninotika | 2004-09-26 04:16 | WATCHING
ET後4日
ET後(受精卵戻した後)4日経ちました。看護婦さんに、「卵が子宮にくっつく(着床)まで4−5日かかります」と言われ、毎日ごろごろの生活。これを姫生活というのですね。今まで20−30分歩いて行っていた大学へもだんなの送り迎え、というか実験も最小限にして1−2時間以上はやっちゃだめ、と、あんまりしなかった。暇なのでブログしたりしてたけど、ほんとはちゃんと実験しないといけないのにね。まあいいか。

判定日まで結果は分からないけど、今しか妊娠を楽しむことは出来ない可能性もある訳で、だから、だんなにはそんな思い込んじゃだめ、とたしなめられながらも、すっかり妊婦の気分。お腹を支えさすりながら歩いております(やってみたかった)。これでだめならもういいかも、と言っちゃおう。だめでも泣いたりしないぞ。そして今回だめならもう一度やる気もあまりない。

どうも卵が着床するところを想像するといい、と研究している先生がいるらしくて私も試してみるものの、?。受精卵て肉眼では点(ピリオド)の大きさぐらいあるらしいですよ。つまり英語の 「.」 の大きさです。これが 「 . . 」 ふたつお腹のなかで、と思ってみるのですが。

そう、ちいさなピリオド達がお腹のなかで発育中のはず、です。私は今妊娠中。
[PR]
by ninotika | 2004-09-24 01:04 | PLANNING
ET
今日卵を戻してきました。4つ受精卵があってひとつは奇形、ひとつは分割進まず、そして残った2つのみグレード2とのこと、で2つもどしました。次回へ凍結できる卵は残らなかったけど、2ついいものを戻せただけでもよし、と思います。
 グレードのよかった卵の写真はもらえなかったし画像でちらっとみただけだったのですが、つき合ってくれただんなはこんなんだったと絵を描いてくれました。ほんとは4分割か8分割かしているはずだからこんなメロンみたいな、しかひげが生えているはずないのですが、、、。記念に残しておきます。
a0008516_2354359.jpg

[PR]
by ninotika | 2004-09-21 02:34 | PLANNING
卵の数
きのう卵をとってきました。

More
[PR]
by ninotika | 2004-09-19 06:52 | PLANNING
港町Pittenweem
エディンバラから北に約車で30分、イギリスをうさぎとするならうさぎの顎あたりにいくつかちいさな港町があります。昔はここはFife王国、また別の国でした。その港町のひとつがPittenweemです。
a0008516_261047.jpg

つい最近までこのPittenweem漁港から直接宅急便で魚を送ってもらっていました。どうしてもイギリス人は魚の新鮮さにあまりうるさくなくて(もちろん生で食べないせいもあるとは思いますが)スーパーやfishmongerで買う魚はいちばんあたらしくて多分1−2日遅れ。なかなかいい魚が手に入らなかったからです。(ただイギリス人はパンに関してはうるさいというか、パンが古いということにはすごくこだわりがあるよう?どこのレストランでもパンはおいしいと思います)

a0008516_429405.jpga0008516_4295631.jpg












異変が起きたのはつい最近。

この魚宅配便サービスがほぼ中止になってしまいました。理由はヨーロッパ全体で魚の数がすごい勢いで減っていて、魚の捕獲を抑制するため、穫る魚の量を規制する決まりができ、スコットランドの漁師が仕事を続けられなくなったり、漁港がつぶれたり、、、そしてこの利用していた漁港も人手不足(解雇)。

                                                  *

うちの食卓が魚主体の生活になったのは約5年前、肉牛の穀物飼料を減らせば世界の飢餓救えるというニュースを見て。

[世界のトウモロコシ年間生産量 約六億トンのうち、約四億トンまでが穀物飼料に使われているそうです。その穀物飼料の一割でも人の食用に回せば、世界から餓えはなくなるというのです。もしそうした場合、肉の生産量 は減りますが、それは米国人と日本人が五回に一回、肉料理を減らすだけでしかありません。富める国が貧しい国の食卓を奪っているのです]

インドネシアを旅行した時に目の前で豚や水牛がお葬式のために殺されるところを見た日、拍車がかかった。肉を食べなくても生きていけるはず、と思ってやってみたらできる。たくさんの種類の野菜や豆を使えばもっと健康的でもっとおいしいものができる 例)ミラさんの食卓、ことをそれから少しづつ勉強したのです。

いま魚も危機。海にいるカモメがおなかをすかせてまるでカラスのように町のゴミあさりをはじめるようになってしまっています。地球は病んでいるのかもしれない。

肉はやめたし、魚も危機。こうなったらベジタリアンへの道を歩み始めるしかないのかなあ。
[PR]
by ninotika | 2004-09-19 02:05 | TRAVELLING
近海マグロに焼きをいれるが受賞されました。いちファンとして本当にこころからお祝い申し上げます。
[PR]
by ninotika | 2004-09-16 00:55 | THINKING
卵の数
FSHのホルモン注射(Urofollitrophin/Follitrophin)がもう12日目、今日のスキャンで卵は左右合わせて大きい17mmのが2個だけ、13−15mmが3つ、そして小さいのが5つ。少しがっかり。このままでも成熟した卵は全部うまくいってもたったの5個。そっかー。そんなに10個とかできるものではないのかなあ、それとも反応が悪いんだろうか、なんて考えちゃいますね。ドクターと事前に話してもし卵が12個くらいとれたら半分IVFで半分ICSI(顕微授精)にしようねっていってたんだけど、このままだと全部ICSIだなあ。明日またスキャン。
[PR]
by ninotika | 2004-09-14 07:12 | PLANNING
謝罪 ー タバコ談義
TB企画 「ハリーさんとタバコ(まとめ)」に抗議するに謝罪です。

More
[PR]
by ninotika | 2004-09-13 18:49 | WORKING
モーターサイクルダイアリー
"Che"とゲバラの神隠し(嘘)にトラバです。

映画「the Motorcycle Diaries」を今日観てきました。
今年観た中では一番良かったので、紹介です。
二輪好きにも、旅行好きにもたまらない、とても面白い(笑える、でもそれだけではない)映画です。

チェゲバラのこと、なんてあんまり知らなかった恥ずかしい人間なのですが
彼のようなひとをカリスマというのかもしれませんね。
「銃を使っててでも革命」に心から賛同できる訳ではないのですが(賛否両論)
でも彼がそこまで思うようになったのは彼が本当に人間と真剣勝負だからなのかなあ。
医学生としての彼の姿にも、なんだか胸をぐっとつかまれたような気になる映画です。

ロバートレッドフォードも関わっているとか、、、。どの程度なのかわかりませんが
アンチキューバ、アンチ共産党のアメリカでよく撮れたなあ。
[PR]
by ninotika | 2004-09-13 07:47 | WATCHING