<   2006年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧
復活! オリーブオイルをクリーム代わりに使う
愛用していたNeals yardのクリームを切らしてしまって
これから乾燥する季節
街でいろんなお店を見て回ったのですが...
ひーぃ! さすが見た目に気を使うフランス人
フランスってイギリス以上にコスメの国で
ロクシタンをはじめとしてマツキヨみたいなコスメ&お薬のお店がいっぱい
これだけ選択肢があると逆に困ってしまって...



a0008516_19312054.jpg
Olive&Coというオリーブオイルのお店の前で思い出した
そうだ 昔pinkyさんのブログで彼女は全身にオリーブオイルを使うといってたっけ...
このお店で緑色に近いギリシャ産のフルーティーなオリーブオイルを買って来て早速使ってみました


お風呂上がりにラベンダーとカモミールのオイルと手のひらでちょっと混ぜて全身に塗り塗り。
油分だからベタベタしそうだけどそんなことなくってとってもいい! 朝起きるとしっとりしてて嬉しいです 食材だからいっぱい皮膚に使っても安心感があるし。

いろいろネットで見ていたら紫外線を防ぐ役割もあるとか
私はあんまり日焼けは気にしてないのですが、それなら夏も使えるのですね
爪の甘皮を柔らかくするのにも使うのだそうです



a0008516_2331815.jpg*書き忘れましたが、ポイントはエヴィアンなどからでているミストをオリーブオイルの前後に使って水分も油分と一緒に補給するようにするとオイルだけよりもうるおい感が違うのです
ミストでなくてもスプレーでもいいかもしれません


" " " " " " " " " " "



*ちなみにサラダのドレッシングにするときには最初に水分を切った野菜にオリーブオイルだけで混ぜてそれから塩、コショウ、etcなんだそうです 
ドレッシングをサラダにかけちゃうとすぐ’しわしわ’になってしまって嫌だったのですが、そうか、まずはオリーブオイルのみ、だったんですね

a0008516_19443532.jpgフランスではサラダは毎食必須のもの
生野菜をとるってすごい大事なこと
くるくる回るサラダドライヤーはフランスで生まれたって誰かにきいた気がします サラダにはゼッタイ欠かせません
[PR]
by ninotika | 2006-11-25 20:04 | LIVING
山を見上げる
どうしてか
山を見ると興奮するような体質に(いつのまにか)なりました
去年日本に帰った時も郊外までドライブに行って
山が見えて来た途端、「あ、山!山!」と大興奮

スコットランドにいたときの山の写真を眺めて
途端に懐かしくなりました
これは山というより丘レベルだけども
スコットランドの山ってね 丸いんです
世界中でも最も古い地形だから
その年月の間にゆっくりと丸くなったのです
それにこの空、この「暗さ」も懐かしい

a0008516_5214849.jpg


ここアヌシー、アルプス地帯にあるのでやはり山に囲まれているのですが
ライムストーン(石)の山で
かなりツンツンしています

a0008516_5444975.jpg

a0008516_5384841.jpg

[PR]
by ninotika | 2006-11-25 05:45 | TRAVELLING
フランス人のファッションをチェックする
ワインやらパンやらチーズやらに夢中だったし
アヌシーはパリからは遠く街にブティックが立ち並ぶ訳ではないので
ファッションチェックから遠ざかっていましたが...

そうそう 昔アンアンでもパリジェンヌスナップとかよくのってました


a0008516_1311925.jpg
フランス人の女の人はソフトな感じの人が多いです
ヘアスタイルは古典的な長さのポイントである、肩までか長くて胸(バスト頂点)まで
色もナチュラルなダークブラウン、マロンカラー
イギリスではかなりハイライトをいれて金色に近くしていたり赤っぽくした人をよくみたし
ヘアアイロンでパッツンとまっすぐなストレートにしている人も多かったのですが
フランスではふわっとゆるく自然にカールしているくらいの感じ



a0008516_1353047.jpg
服はそのせいかやはり優しい色が多いように思います
秋冬だからかもしれないけどグレーが基本
足し算の色もちょっと派手さを抑えた微妙な色
ピンクとかも(パリスヒルトンが着るピンクとはほど遠い)ダーク系
それともただ今年の流行がそういう系なのかな



a0008516_1464972.jpg
全体的にあまり露出度は高くなくて、それでも女らしいというか
例えばこの袖のカットのように丸みを持たせてあるものを見つけるといいなって
これはpromodというお店で(安いしカワイイ)



冬ってどうしても黒ばっかりになってしまうので
1点ぱっと目をひくようなキレイ色を黒に加えたいなあ



a0008516_1445687.jpg
オレンジのセーターが欲しいなあって探していたのですが
柔らかい感じのする黄色のプルを見つけて
去年買った黒のカシミアカーディガンの下に着てちょっとだけこの黄色を見せるようしてみようかなと



a0008516_1582864.jpg
イギリス人と比較するのもなんだけども
フランス人は「動作」もなんかエレガントなような気がする
女優さんのシャーロット ゲーンズブール Charlotte Gainsbourgってすごい美人じゃないけど典型的なフランス人タイプでこういう感じの女性がいっぱいいます
[PR]
by ninotika | 2006-11-25 02:02 | WATCHING
セレブな湖
今日の夕方。
山が白くなったのと
夕焼けがきれいだったので

a0008516_1152648.jpg

a0008516_1154063.jpg


アヌシー湖はヨーロッパで一番透明度が高い美しいセレブな湖です
a0008516_115542.jpg


エキサイトでvideoができるようになったので
試しにアップしてみました


世界一はどこだろーと思ってググって見たら
田沢湖とか摩周湖とかの名前がでてきて
日本の湖もセレブなのだと気がつきました

湖を見るだけでどうして心が落ち着く感じがするんでしょうね
[PR]
by ninotika | 2006-11-25 01:17 | TRAVELLING
レマン湖周辺
今日はいい天気で
まだ秋を楽しめました

a0008516_5472627.jpg

レマン湖(ジュネーブ湖)の南、フランス側のYvoireという街で
これは柿を撮りたくて撮った写真(柿見えるかな?)

古い家って色とかも含めて自然にいつのまにか馴染んで行くから
素敵なのかもしれません
a0008516_5492753.jpg


a0008516_5494525.jpg

エヴィアンのすぐ近く、Thonon-les-bainsで。
[PR]
by ninotika | 2006-11-19 05:52 | TRAVELLING
ようやっとボジョレーヌーボーを飲んだ。
「ボジョレーヌーボーなんてお祭りで
美味しいわけじゃない」
...なんてスノビッシュな意見に翻弄されていたせいか
しっかりボジョレーヌーボーを味わったことがありませんでした

今年は(せっかくフランスにいるのに)
解禁日に近くのホテルやお店で無料で試飲会やパーティーが企画されているのに
夫が風邪をひいていたりしてチャンスを逃し
今日になっておそるおそるこのまま引き下がれまいと買って来た5ユーロのボトル

a0008516_5315934.jpg


Thonon-les-bainsという街で買って来たチーズと一緒に頂きました

a0008516_5323523.jpg

perail(何種類かあるなかで一番長く寝かせてあって味が強いもの)
a0008516_532499.jpg

Blue Bonneval (サヴォワ地方のブルーチーズ)

a0008516_533522.jpg

チーズ屋さん




おいしい...ではないですか!
ごくごくっといけるのですね
花のようなフレッシュな香りで
アルコール臭のしないあっさりとしたモノトーン
こ、これがボジョレーヌーボーか...恐るべし...

チーズは臭ければ臭いほど、強ければ強いほどいい、といって選んでもらったので
かなり癖のある物達だったので
余計にワインとぴったりだったのかもしれません
[PR]
by ninotika | 2006-11-19 05:41 | LIVING
世界の中心(のようなところ)に行ってみた
ある意味、世界の中心都市である国際都市のジュネーブに行ってきました
目的は...

まず国連 United Nations

a0008516_3105125.jpg

厳重な警備の後ビジターとしてガイド付きツアーに参加
これは国連の古いほうの建物(きれい)

a0008516_3111171.jpg

これは古い建物だけでは足りないので追加された新しい建物
なんだか病院みたいな事務的な雰囲気

ツアーは1時間ほど、いろんな部屋や建物の中をみてまわるのですが
建物の色んなところに各国から国連へのプレゼントが陳列してあります
a0008516_3113066.jpg

例えばこの真ん中の地球儀のような焼き物は日本から
絨毯は中近東のどこかの国から(忘れた)
壁のレリーフはイギリスから
という具合

10月末という時期的なものもあるのかもしれませんがどこもかしこもがら〜んとしていて
「世界の国連」というその一大事という感じがしない(当たり前?)
私個人的にはあまり好きではない(眠くなる)カンファレンスを思い出して
大きなカンファレンス会場というだけでここで何かが起こるっていうエキサイティングな感じはなし

勝手にこんなこと言ってますが、なんとなく重みがないのは、いろんな国からプレゼントされたもの同士が部屋でミスマッチだからかもしれません 国連の立場としてはもらったものを飾らない訳にはいかないしねー いらないプレゼントをもらって困った気持ちになるのと一緒なんでしょうか? 夫はあの壁のレリーフはいいけど、日本の焼き物は趣味が悪いというし、私は日本の地球の焼き物、結構いいじゃないっていうし(笑) どうしよーもないです

「世界平和」っていうけれど、実際にはすごーく難しいことだろうなあと
言うのは簡単だけれど、それを国連レベルで話し合っていくことって大変だろうなあと
建物を見ただけで思ってしまいました


次は赤十字 red-cross croix-rouge本部

a0008516_32519.jpg

連日オープンしている本部建物内の博物館に言ってきました
ちょうどカンボジアジェノサイドのエキシビションもやっていて、かなりパワフル

ここジュネーブ(スイス)での赤十字のはじまりからそして活動理念まで
ビジュアルに訴えたかなりよくできた博物館です
写真やビデオがたくさんあるので、医者としてのその職業観念をゆさぶられるような、かなりいい体験ができました
赤十字のようなこういった理念のはっきりしたNGO活動はほんとうの意味で実りのあるものだと確信させてくれるような感じ。

赤十字は例えば政府によるジェノサイド(虐殺)などが起きた場合、政府の政策を非難したりすることなく、目的が「負傷者を助けること」にしぼられているので国連や各国からの政府援助がなかなか現地に到達できない難しい状況でもうまく介入していること とっても賛同できます

そして最後にWHO

a0008516_3355950.jpg


うーん、こんな巨大な建物のなかで働きたくないなあ
(仮にオファーがあったとしても、の話)
....

早々に引き上げてジュネーブの旧市街をぶらぶらと。
a0008516_3371621.jpg


パリのような大都会の雰囲気っていい...
建物もゴージャスです
a0008516_3373675.jpg

やっぱり仕事のオファーがあったのなら(ないけど)
こんな所に住んでみたいと思わずにはいられなかったのでした...
[PR]
by ninotika | 2006-11-18 03:40 | TRAVELLING
「モテる男」と「モテない男」は、どこが違う?
久々にネットサーフィンをしていたらでこんな話
で巷が盛り上がっている...

私がイギリスで働いていたときに、病院の医師宿舎でのご飯どき
ある日似たような話題になったことを思い出しました
そのとき私の周りには男性3人(イギリス人2人 アフリカン1人)と私
そのうち2人は独身で

「モテる男」と「モテない男」は、どこが違う?

で、アフリカンのサムが
ある日から急にモテるようになったと話しだして。
そしたらあとの二人も「そうそう」とうなずく。
何を境にモテるようになったのかっていうと

「ゼロ」か「1以上」の法則

彼女がいないと全くモテないのに
彼女が出来た途端にモテだすのだそうです


えーっ そうかなあって納得行かない私に
この3人の男性次々に自分の体験談を話してくれたのですが
それまで全く自分に興味を示さなかった美人も
彼女ができた途端に興味を示されたり
それまである一線を超えるのがとっても大変で、努力しても努力しても駄目だったのに
彼女が出来た途端、とっても簡単にそういうチャンスが巡って来たりするのだそうです

そんなの女性の立場からするとちょっと信じられないですが
元々ばらばらのこの男性3人とも「そういえばそうだ...」と次々
ほんとにそうなのかもしれません

その根拠をきいてみると
彼女ができた途端に「自信」「余裕」のようなものが生まれるんだとか
その「自信」「余裕」がオーラになるのでしょうか
女性というのは「自信」や「余裕」のない男性には魅力を感じないのかもしれませんねー

この話題になっている記事の中にも女性の立場からみて自信のある男性はモテるって書いてあるけど、いろいろ反論はあるみたいだけど、ほんと一理あるのかもしれません

これって女性の立場からするとちょっと要注意、かもしれません!
[PR]
by ninotika | 2006-11-18 02:53 | THINKING
線の上を走る人
かわいい...

はまっている人

a0008516_21203753.jpg

playするには...
[PR]
by ninotika | 2006-11-12 21:21 | WATCHING
フランス的ポスター
ここSavoieサヴォワ地方のアンティークポスターらしいのですが
色使いがフランス的! 

a0008516_424613.jpg


ちなみにサヴォワ地方の旗というものがあって
スイスの国旗に似ているので最初はスイスなのかと間違います

a0008516_433179.gif スイス



a0008516_431424.jpg サヴォワ
[PR]
by ninotika | 2006-11-12 04:05 | LIVING