結論:フランス語を習うということ
あと一週間でフランス語の勉強が終了するのでまとめを。

CILFAというアヌシーにある学校で勉強しました
CILFAの日本語サイト

広いフランスの中でもCILFAを選んだのは
1. パリ以外のところで。田舎のほうが好きだしもちろん安い
2. クラスの人数が少なければすくないほどいい
3. 組織が小さめのところがいい(大学のフランス語コースではないところ)
4. せっかくなので美しい街(または村)がいい

などの条件から夫がインターネットで調べられる範囲でエクセルシートにして
比較対象した結果一番点数がよかったのがアヌシーのCILFAだったんです

a0008516_2133078.jpg


CILFA、とってもよかったです
授業料も政府からの援助がでているということで割安だったし
建物も(写真のように)モダンですが感じがよくて
クラスは途中で1、2人短期で抜けたり入ったりしてきたものの4人
紹介文にはmax12人となっていたので夏や生徒さんが多いときにはもっと多いのでしょうが、そのせいでかなり集中した良い授業を受けられたと思います
先生は若い男の先生でしたが教え方が上手です
(エディンバラに居たときに興味半分でイタリア語を習ったことがあったのですが、そのときにはあまりにもchaoticな授業で何が何だかごちゃこちゃになって大失敗。それに比べたら格段に良かった)

さて私のフランス語は...まったくゼロからのスタート

前もって学校がダイレクトメソッド(フランス語を使ってフランス語を教える方式)だと分かっていたので、先生に質問されたときにフランス語で質問されるわけで、ゼロの知識でついていけないのではないかとかなり心配して、BBCから出版されている本を買ってみたりしたのですが学校が始まる当日まで一から十までも数える事できず。

1ヶ月経ったくらいで、まだパン屋さんやスーパーでうまく説明のできない自分にがっかりして。

6週間経ったくらいで、日常会話もたどたどしく、ホームステイ先の老夫婦に心配されてかなり落ち込んだりして。

ようやく、何とか「自信」のようなものが少しでてきたのがほんとについ最近です。
夏休みを利用して1ヶ月フランス語の学校に通うとかそういう形をとるひとも多いらしいのですが、自分の経験からいうと1ヶ月では物にならないと思います。毎日勉強して最低3ヶ月は必要。ほんと、できれば4ヶ月、でないと基本的な文法も網羅できないし「語学は一日、一ヶ月では成らず」。

日本人でフランス語を勉強する人って実際かなりの数にのぼるようでこれもびっくりしました。学校側からするとヨーロッパ外の第2のターゲットは日本なのですね。 CILFAの10何人かの生徒のうち3人は日本人なので、割合からすると多い。ヨーロッパ人達は日本人が「フランス語」か「英語」という選択をする人がいるということに驚いていました。ドイツ人であればドイツ語、英語、そしてフランス語という順番になるので英語よりもフランス語が優先される状況が想像できない(笑)。

そして、フランス語を習ってみて強烈に痛感したのが、フランスのフランス文化の影響というのは大きい。英語をしゃべれるようになって英語がわかると世界が分かるような錯覚に陥りやすいのですが世界の広さを改めて見直す感覚。Parisはやっぱりもうひとつの世界の中心なのです(特に文化)。

フランス語は美しい、という私の中の「思い込み」もかなり崩れました。フランス語、美しくないですよね? Rの発音は変だし、イタリア語のほうがもっと美しいと思う。Nの鼻音のせいで、普通にしゃべっていても甘えてる鼻声に聴こえるのも「サバサバ系」には許せん! スペルもめちゃめちゃだし。単語末スペルのentを全部発音しないなんて、納得行かないよ〜。女性がしゃべるのは素敵!って思う事も多いのですが、フランス人男性がしゃべっていると何となく女らしく見えるのもちょっと嫌です。

うん、でもほんとにデビュトンを無事果たせてよかった。
[PR]
# by ninotika | 2006-12-09 02:56 | STUDYING
結論:フランスのパン
もう12月ですね
今月半ばにはフランス語のテストを受けて(DELF A2)
そして語学学校も終了の予定
早かったなあ...

ほぼ毎日いろんなパンを食べてきましたが
ここで結論。

「薪釜で焼いたパンは美味しい」

a0008516_2471785.jpg


当たり前?

これって
「手打ちソバは手打ちソバでないソバよりも美味しい」
と当たり前のことを言っているようで苦笑されそうです


a0008516_2495568.jpg
薪でじっくりと焼く多分昔からの製法を今でも続けているパン屋さんには 誇らしげにcuit au Feu de Boisと看板に書いてあります
*cuitが焼く feuがオーブン boisが薪






写真のパンはお気に入りです
8 a huitというスーパーで購入したものですが
外側が厚くて噛みごたえがあり香ばしいのと
中側はきめが細かくてもちっとしています

バゲットのようなすかすか、ふわふわのパンも美味しいのですが
もし試される機会があったら是非! おすすめです
[PR]
# by ninotika | 2006-12-06 02:57 | LIVING
シャルトリューズ
私が大学生だった頃
同じクラスの子と一緒に街にでかけるようになってね

彼女は不思議なひとだった
色が白くて
髪は長くて光が当たるとぴかぴか金色みたいな色で
あんまり長い髪がきれいだから
髪きれいだねってほめると
<みんなそういうからちょっとうんざりしてるんだ>
って意外なことを言う

彼女は独特の世界を持っていて
乗馬をしてみたり、写真部にはいってみたり
聴いている音楽もシャンソンだったり
お茶に、というと渋谷Au temps Jadis
109でやってたシャガールの絵画展に行くとか
ゴダールの映画を見るとか
フランス語の単語がぽろぽろ出て来たりとか
銀座のラステラで何か飲もうとか
田舎者の私はいつも目を丸くして彼女についていってた

その彼女が好きだったお酒がシャルトリューズ
やぎのチーズやオリーブと一緒に
とびきり美人なわけではないんだけど
とびきりかっこよくて

彼女はどれだけ飲んでも酔っぱらった様子を見せることもなく
酔っぱらってけらけら笑っている女とそれに近づく男には目もくれず
それでも私は酔っぱらってけらけら笑って男と知り合ったりしたのだけど
そんな私が今そんな風に知り合った男にろくなやつがいなかったと思い出すから
そういえば彼女の周りにはなんとなく大物の雰囲気を漂わせる男が多かったと思い出すから

もう大学を卒業して10年以上経って
忙しさにかまけて彼女との連絡が途切れてしまった
数年前に図書館でばったり会ったが最後
どうしているんだろう

彼女が私の人生のキーパーソンであったことを今更気づかされる

今日ね
シャルトリューズ Chartreuse を訪ねてきた
彼女のことずっと考えてた

a0008516_517731.jpg


アヌシーから車で2時間くらい
Chamberyを過ぎて
こんな山に向かってひたすら走る

a0008516_5172859.jpg


昔シャルトリューズを作っていた修道院は山の中の深い谷の奥にあった
今でも観光客は入れないらしくて
博物館(写真)が修道院の2キロ手前に作られているのだけど
季節外れで入れなかった

a0008516_5322792.jpg


シャルトリューズって小さな村なのかと思ってたけど
いくつもの山や谷や川やいくつもの小さな村を含めた大きな地域で
車で見て回るのに一日かかった

私も今では普通に乗馬をしたり
シャンソンを聴いたり
シャルトリューズをヤギのチーズやオリーブと一緒にロックで飲んだり
酔っぱらってけらけら笑うこともなくなって
ちょっとフランス語をかじってみたりしているけど
彼女がいなかったらこんな今の私はなかっただろうと思う
10数年前の彼女のこと、やっぱりすごいと思う
[PR]
# by ninotika | 2006-12-03 05:36 | THINKING
髪を切りたい!!!
語学学校で知り合った日本人の女の子に
自分で髪を切っているといったら
「今時そんな人がいるんだ...」
とびっくりされた

だって美容院に行きたいんだけど美容院ってなかなか選べない

それがきっかけとなり
3ヶ月に一回くらい髪を短くしたくなる衝動にかられるんだけど
今切りたくて仕方がない。


a0008516_323566.jpg
長さはこんな感じ
最近(やはり自分で)胸までの長さにしたばかり
確かに洗いっぱなしだとぼさぼさしている
いつもは下ろしていることはないのだけど。



   ↓

   ↓

   ↓

a0008516_324185.jpg
鏡の前で切ったところを想像してみる...
無理矢理片手で短い髪のカツラみたいにしてみる...
あの〜「まじめ」に悩んでいるんですよ



発言小町に相談してみようかなあ
[PR]
# by ninotika | 2006-12-02 03:42 | LIVING
復活! オリーブオイルをクリーム代わりに使う
愛用していたNeals yardのクリームを切らしてしまって
これから乾燥する季節
街でいろんなお店を見て回ったのですが...
ひーぃ! さすが見た目に気を使うフランス人
フランスってイギリス以上にコスメの国で
ロクシタンをはじめとしてマツキヨみたいなコスメ&お薬のお店がいっぱい
これだけ選択肢があると逆に困ってしまって...



a0008516_19312054.jpg
Olive&Coというオリーブオイルのお店の前で思い出した
そうだ 昔pinkyさんのブログで彼女は全身にオリーブオイルを使うといってたっけ...
このお店で緑色に近いギリシャ産のフルーティーなオリーブオイルを買って来て早速使ってみました


お風呂上がりにラベンダーとカモミールのオイルと手のひらでちょっと混ぜて全身に塗り塗り。
油分だからベタベタしそうだけどそんなことなくってとってもいい! 朝起きるとしっとりしてて嬉しいです 食材だからいっぱい皮膚に使っても安心感があるし。

いろいろネットで見ていたら紫外線を防ぐ役割もあるとか
私はあんまり日焼けは気にしてないのですが、それなら夏も使えるのですね
爪の甘皮を柔らかくするのにも使うのだそうです



a0008516_2331815.jpg*書き忘れましたが、ポイントはエヴィアンなどからでているミストをオリーブオイルの前後に使って水分も油分と一緒に補給するようにするとオイルだけよりもうるおい感が違うのです
ミストでなくてもスプレーでもいいかもしれません


" " " " " " " " " " "



*ちなみにサラダのドレッシングにするときには最初に水分を切った野菜にオリーブオイルだけで混ぜてそれから塩、コショウ、etcなんだそうです 
ドレッシングをサラダにかけちゃうとすぐ’しわしわ’になってしまって嫌だったのですが、そうか、まずはオリーブオイルのみ、だったんですね

a0008516_19443532.jpgフランスではサラダは毎食必須のもの
生野菜をとるってすごい大事なこと
くるくる回るサラダドライヤーはフランスで生まれたって誰かにきいた気がします サラダにはゼッタイ欠かせません
[PR]
# by ninotika | 2006-11-25 20:04 | LIVING
山を見上げる
どうしてか
山を見ると興奮するような体質に(いつのまにか)なりました
去年日本に帰った時も郊外までドライブに行って
山が見えて来た途端、「あ、山!山!」と大興奮

スコットランドにいたときの山の写真を眺めて
途端に懐かしくなりました
これは山というより丘レベルだけども
スコットランドの山ってね 丸いんです
世界中でも最も古い地形だから
その年月の間にゆっくりと丸くなったのです
それにこの空、この「暗さ」も懐かしい

a0008516_5214849.jpg


ここアヌシー、アルプス地帯にあるのでやはり山に囲まれているのですが
ライムストーン(石)の山で
かなりツンツンしています

a0008516_5444975.jpg

a0008516_5384841.jpg

[PR]
# by ninotika | 2006-11-25 05:45 | TRAVELLING
フランス人のファッションをチェックする
ワインやらパンやらチーズやらに夢中だったし
アヌシーはパリからは遠く街にブティックが立ち並ぶ訳ではないので
ファッションチェックから遠ざかっていましたが...

そうそう 昔アンアンでもパリジェンヌスナップとかよくのってました


a0008516_1311925.jpg
フランス人の女の人はソフトな感じの人が多いです
ヘアスタイルは古典的な長さのポイントである、肩までか長くて胸(バスト頂点)まで
色もナチュラルなダークブラウン、マロンカラー
イギリスではかなりハイライトをいれて金色に近くしていたり赤っぽくした人をよくみたし
ヘアアイロンでパッツンとまっすぐなストレートにしている人も多かったのですが
フランスではふわっとゆるく自然にカールしているくらいの感じ



a0008516_1353047.jpg
服はそのせいかやはり優しい色が多いように思います
秋冬だからかもしれないけどグレーが基本
足し算の色もちょっと派手さを抑えた微妙な色
ピンクとかも(パリスヒルトンが着るピンクとはほど遠い)ダーク系
それともただ今年の流行がそういう系なのかな



a0008516_1464972.jpg
全体的にあまり露出度は高くなくて、それでも女らしいというか
例えばこの袖のカットのように丸みを持たせてあるものを見つけるといいなって
これはpromodというお店で(安いしカワイイ)



冬ってどうしても黒ばっかりになってしまうので
1点ぱっと目をひくようなキレイ色を黒に加えたいなあ



a0008516_1445687.jpg
オレンジのセーターが欲しいなあって探していたのですが
柔らかい感じのする黄色のプルを見つけて
去年買った黒のカシミアカーディガンの下に着てちょっとだけこの黄色を見せるようしてみようかなと



a0008516_1582864.jpg
イギリス人と比較するのもなんだけども
フランス人は「動作」もなんかエレガントなような気がする
女優さんのシャーロット ゲーンズブール Charlotte Gainsbourgってすごい美人じゃないけど典型的なフランス人タイプでこういう感じの女性がいっぱいいます
[PR]
# by ninotika | 2006-11-25 02:02 | WATCHING