お気に入りの一枚(2)
a0008516_3172890.jpg

モンベリエThe Mont Veyrierの頂上から
[PR]
# by ninotika | 2006-10-30 03:18 | WATCHING
お気に入りの一枚
a0008516_3132573.jpg

美猫でした
[PR]
# by ninotika | 2006-10-30 03:13 | WATCHING
温泉とかいろいろあった一日
天気があまりにも良いのでドライブ

a0008516_2131228.jpg
アヌシーからエヴィアン方面に向かってLa Roche sur Foronというヨーロッパで最初に電気がついたという(なぜかは不明)古い街へ


a0008516_2133743.jpg
La Roche sur Foronで
a0008516_2135339.jpg
もうルーチンになってきた今日のフランスのパン屋さん これはクルミのはいったpain aux noix

a0008516_214532.jpg
カヌレ、一時日本で流行りましたね 好物です


モンブランMt Blanc、シャモニChamonix方面に向かってはしっていくと
a0008516_2182796.jpg



サンジョベレバンSt Gervais les Bainsで温泉をみつけました!
a0008516_21905.jpg

この温泉のHPはこちら

建物の中に入ってみると肌によいお水で皮膚病にもよいと有名なところらしく
その場でつたないフランス語でいろいろ相談して、とりあえず、リラクシングバス15分Relaxing bath Vasque du lac Blancというものを試してみる事にしました
(16.8ユーロ)

タオルとバスローブを渡されて個室で着替えバスローブを羽織ってサロンへ
サロンにはけっこうたくさんの老若男女がリラックスしていました
運転した後で眠かったので長椅子でうとうとしはじめたら夫に起こされます

「あのさ、みんなバスローブの下に水着着てるんだけど...」

「え!」(と周りを見渡してみる)
(確かにみんなバスローブの前をあんまりきっちりしめようとする努力がみられない)(よくみると水着の色が透けて見える気がする)
「水着着てませんってフランス語で何て言うの?」

「うーんわからないし、他のひとに聴こえるし!」

とパニックになっているところに
「ムッシュー!マダム!」
と担当の男の人がにっこりと迎えに来てしまいました

どきどきしながらついていくと個室に通され、
そこにはたっぷたっぷんにお湯のはった浴槽がありました

あーよかった 個室なのねー
やっぱり日本と違ってヨーロッパ人は共同風呂というアイデアはないに違いありません
お湯も一回一回取り替えて、つまりは家でお風呂にはいるのと同じ感覚

じゃあここが頭でこっちを向いてはいってくださいねーと説明され彼がドアを閉めて出て行ったのでほっとしてお風呂にはいりました

が...

...トントン!

えー? あー!

担当の彼、躊躇せずもどってきてこの浴室に入って来て
このお水は38度で、保湿効果が高くetc etcと説明をはじめ
私は裸の自分をどうしたらいいのか分からずに
隠すのも変だし? そのまま話を聞きました (だってさ仕方ない)

じゃあマッサージです
って言われたときにはえー!!!と思ったけど
彼はボタンのスイッチをさっと押して
楽しんでねーとでていきました あ。よかった。

15分つかった後は
やっぱり彼が時間ですよ滑らないようにねーとまたまた教えにきてくれました


恥ずかしかったし、15分で16.8ユーロは高いけれど
何年ぶりかの温泉! 
気持ちよかったしつるつるしたし
夫と笑いながら帰ってきました
説明のときにだって水着必要なんて言わなかったし。
担当の彼はびっくりした顔見せなかったけど、ほんとは可笑しかったかな
担当が女の人ならよかったのになあ

きっとフランス人が日本の温泉に行ったときには逆にびっくりすることだらけに違いない





a0008516_2443037.jpg Bonnevilleというところに大きなアジア食材店Chinese supermarketがあって、おしんこがどうしても食べたくなってこんな茄子の漬け物を買ってきました 
しかし...まずかった!
となりにおいてあったキュウリのQちゃんにしておけばよかったとものすごく後悔。
パッケージをよくよくみるとmade in Thailand...



 a0008516_247841.jpg とても親切に面倒をみてくれるホームステイ先の老夫婦にプレゼント 日本では菊ってひとにはあげられないけどこっちでは問題なし。菊好きのひと多し!



a0008516_2483892.jpg このまえ山でみつけたハート形の石を洗ってみた。ずっと探していたので、ちょっと嬉しい。探すとなかなかないものなんですよ。
[PR]
# by ninotika | 2006-10-30 02:58 | TRAVELLING
リンゴが余ったら
フランス語の語学学校がアレンジしてくれた(3ヶ月という短い期間なので)
ホームステイのような形をとったシャレーの1階に住んでいるのですが
このお家のお庭にはリンゴの木がたくさん
リンゴが余って余って仕方がないって言われて
a0008516_7285499.jpg

食べるお手伝いをしています

ジャムにすると時間かかるし(ていうかできない!)糖分多そうで量が食べられなさそうだし
お菓子を作るのにもここにはオーブンがありません
悩んだ挙げ句の解決策で

リンゴ煮

a0008516_7305378.jpg

皮をむいて切ってちょっとのお水と煮るだけ!
何にも入れません、あ、色が変わらないようにちょっとレモンはしぼるかも
それでこれをミューズリー(コーンフレーク)の上にかけてミルク(豆乳)とともに
たんまりたくさん食べるのが朝ご飯

はじめはお砂糖やはちみつやシナモンもクローブを入れてみたりしていたのですが
最終的に何にもいれないのがいちばんおいしかったりしました
りんごが余ったらお試しください〜
[PR]
# by ninotika | 2006-10-29 07:34 | COOKING
イギリス人のジョークって...
変過ぎ!笑えるのと笑えないののすれすれのようなジョーク。
Boratというカザフスタン人ジャーナリストネタで映画まで出来てしまったらしいけど
わざとへたくそな英語(theとかaとかなし)ですごい変なことを言う

日本語訳

You tubeでも見れるらしいです
[PR]
# by ninotika | 2006-10-29 07:13 | WATCHING
赤いもの
私は自分は「ピンク系」でないことがわかっているので
赤いもの好きですね
しかも秋だし!

こんなプロジェクトもあるんだって!
a0008516_6504958.gif


赤いiPOD nanoカワイイですね...
売り上げの10%はアフリカAIDS基金になるそうです
[PR]
# by ninotika | 2006-10-29 06:52 | CARING
フランスって...
奥が深いですね
フランス人ってヴァカンスでもフランス国内しか旅行しないひとが多いってききましたが
それが分かるような気持ちです

今日はまずお昼にワインの飲み比べ
championというスーパーで買って来た2004年のコートデュローヌcote du RhoneとブルゴーニュBourgogneの赤。値段はどちらも5ユーロ前後のものです。もちろんパンとチーズと一緒に。

a0008516_2228100.jpg


コートデュローヌのほうが色が濃くてまろやかで落ち着いた味。それに比べてブルゴーニュは酸味があってちょっと難しいワイン。この傾向ってもっと高いワインでもそうなんでしょうかね。私の好みはコートデュローヌでした。全体的にお店でもコートデュローヌのほうが手頃な値段なのに。オーストラリアとかチリとか最近よくみかけるワインは単種のものが多いけれど、フランスではやはりぶどうを混ぜる(ピノノワールPinot NoirとガメイGamayとか)ところが大事らしいです。

車でイギリスからAnnecyに到着するまでの途中にブルゴーニュ地方を通ってきたのですが、かの有名なNuits St Georgesとかの村も、車の通りの激しい道路のすぐ横にぶどう畑があったりして、あんまりエレガントな感じじゃなかったんです。それに比べてコートデュローヌあたりはおだやかで静かで、その点からも私の好みはコートデュローヌ。短絡的ですが。

ランチの後は隣町へ日光浴へ。10月末だというのにずっと暖かい日が続いていて湖のほとりで寝転がってフランス語podcastをきくのにはもってこいです。私はフランス語デビュトン超初心者なので ここのポッドキャストを利用してますがpdfの教材も無料でとってもよいです。おすすめ。

素敵な家がたくさんあって...湖のほとりのこんな家に住むのが夢です!でも別荘なんでしょうか?誰も今は住んでいなさそうです。
a0008516_221448.jpg


その後少しドライブ。こんなかわいい郵便局が(Manigodという街で)。
a0008516_2221970.jpg


パン屋さんを見る度に車をとめずにはいられません。
今日のフランスのパン屋さん。
a0008516_2232756.jpg
a0008516_2234823.jpg

これは秋のパンpain de autumn。ヘーゼルナッツla noisetteと栗le marron入り。


帰り道、Thonesという街ででもう一軒パン屋さんを見て素通りできず。
a0008516_226153.jpg
a0008516_2263426.jpg

Baguette (枝という意味らしい)バゲットなんですが、田舎風 (de campagne)で細くて固くてフランスらしいパン。そのまま食べるのではなくて、パテとか何か他のものと一緒に食べるための他のものをじゃましないパンという感じ。
[PR]
# by ninotika | 2006-10-28 02:36 | LIVING